HDDアダプターを装着すると起動時にエラーが出ます

OSのリカバリ時などに大活躍するセカンドHDDアダプターですが、まれに「STOP 0x00000024」エラーが出現することがあります。

対応策としてはWindowsからチェックディスクを行うことが有効です。Dellや東芝ノート用でも同じ方法でエラー回避が可能です。

チェックディスクの手順は以下のとおりです。

  1. Windowsの「スタート」メニューから「ファイル名を指定して実行」を選択
  2. (アダプターに装着したHDDがEドライブとして認識されている場合) chkdsk E: /f /r と入力し、Enterキーを押す
  3. スケジュールの確認画面でYを入力
  4. 再起動する
  5. チェックディスクを実行

次回起動時からはエラーは表示されなくなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする