ThinkPad Bluetooth増設カードについて教えてくれませんか?

ThinkPad内蔵用のBluetooth Daughter Cardには次のような種類があります。

  1. Bluetooth Daughter Card (FRU 26P8071、12P3872など)— ThinkPad A30、A31、T23、T30、X22、X23、X24、X30に標準で対応していた初期のBDCカードです。名称はBDC01。BT1.1対応。モデムは搭載していません。
  2. Integrated Bluetooth II with 56K Modem (FRU 26P8396,91P7259,91P7315)— T40、R50、X31などの世代向けに供給されていたBDCカードで、56Kモデム機能も搭載した便利なコンボカードに進化しています。名称はBMDC200。BT1.1対応。後の世代の機種X40、R51などでも使用は可能ですが標準対応していないため、BIOSユーティリティ(以前は第三者が提供していましたが・・・)を使用して起動時の1803エラーを回避する必要があります
  3. Integrated Bluetooth III with 56K Modem (FRU 27R1880、91P7319、91P3471)— T42、T43、X32、X40、X41、X41 Tablet、R51などの機種に使用できるBDCコンボカードでBMDC-2、BMDC200bと呼ばれることもあります。ActionTecチップセットを使用しています。BT1.1対応。このカードと次の世代のカードの対応機種の境目はややこしいため、注意が必要です
  4. Integrated Bluetooth IV with 56K Modem (FRU 39T0022,39T0024,39T0026)— R52、X32、T43、X41、X41 tabletなどに対応。この世代からチップセットが完全に新しくなり、名称もBMDC300またはBMDC-3になっています。BT1.2対応になりました。最後のIBM世代(T43/X32/X41/R52)はBMDC-2、BMDC-3どちらにも対応してますが、それより前の世代(T42/X40)でこのBMDC-3は使用できません
  5. ThinkPad Bluetooth with Enhanced Data Rate (FRU 39T0497など) — Lenovoになってから発売されたZ60、Z61、T60、T61、R60、X60などの機種向けのBluetooth機能のみ搭載した小さなカード。名称はBDC-2。システムボードではなく、LCDケーブルから分派したBDC用のケーブルに装着する方式に変更されました。購入時にBluetoothが付属していないT60、X60系の機種に本カードを増設する際はLCDケーブルごと交換する必要があります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする